【Apple?】AirPods? いえ、AirDotsです。高額ワイヤレスイヤホンと格安品を比較して注文したのは…【Xaomi?】

2019年8月15日Android, iPhone, PC周辺機器, 中華製品

Appleの販売しているAirPodsを愛用している人は多いが、AirDotsというXiaomiから販売されているワイヤレスイヤホンを使っている方はあまり多くないだろう。

本記事ではAppleのAirPodsとXiaomiの激安ワイヤレスイヤホンであるAirDotsの比較、さらにAirDotsの模倣品と思われるA6Sというワイヤレスイヤホンについて比較する。

AirPodsとAirDotsを比較した

まずはそれぞれ、どんな商品なのかを簡単にみていこうと思う。

Apple AirPods

AppleのAirPodsは17,800円から販売されているワイヤレスイヤホン。22,800円の方はケースバッテリーがワイヤレスチャージに対応している。第2世代となっている。

Image : Apple

AirPodsのAmazonでの価格は19,213円(執筆時)だった。

Xiaomi Redmi AirDots

AirDotsはXiaomiがRedmiブランドで販売するワイヤレスイヤホン。Xiaomiで販売する白いモデルがあったり、グローバル版、中国版がありかなりややこしい。AppleのAirPodsとは形がずいぶん違いAirDotsは小型で目立ちにくいカナル型イヤホンの商品となっている。

AliExpressのXiaomi公式ストア価格は驚きの2,429円(執筆時)となっており、Xiamiの公式サイトでは99.9元(約1,500円)。おそらくグローバル版で少々値段が高いのだと思うがこれでも十分安い。

AliExpress Xiaomiストア

AirdodsのAmazonでの価格は2,899円(執筆時)だった。

AirPodsとAirDotsの比較表

同じワイヤレスイヤホンでも価格がかなり違う。両者にはどのような違いがあるのだろうか?比較してみた。

AirPodsAirDots
価格17,800~22,800円(税別)99.9元(約1,500円)
対応OSiOS,watchOS,macOS
Android(非公式)
iOS, Androidなど
Bluetooth5.05.0
イヤホンタイプインナーイヤー型カナル型
重さ(イヤホン)4g4.1g
重さ(ケース)38g31.3g
サイズ(イヤホン)16.5×18×40.5 mm26.65×16.4×21.6mm
サイズ(ケース)44.3×21.3×53.5 mm62×40×27.2mm
バッテリー容量93mAh40mAh
ケースバッテリー容量398mAh300mAh
充電方法Lightning or Wirelessmicro B
連続使用5時間4時間
ケース使用時24時間12時間
ボイスコントロールSiriSiri, Google assistanceなど
ノイズキャンセリング通話時のみあり(アクティブ方式)
防水性能なしIPX4
再生周波数帯域非公開20~40,000Hz
音圧感度非公開104±3db
インピーダンス非公開32Ω

集めたデータによると以上のようになった。AirPodsは値段が高いだけあって連続使用時間が5時間、ケース使用時は24時間と高性能。ケースの充電はワイヤレスにも対応するタイプが販売されている。

スポンサー

非公式ではあるが、Androidでも使用できるようでバッテリー残量を知ることができるユーティリティアプリもあるようだ。

参考記事

AirPodsはインナーイヤー型なのでノイズに弱く、音漏れしやすいという弱点もある。防水にも対応していないので汗などでは問題ないと思われるが、水洗いしたり、着けたままシャワー浴びるといったことはできない。

参考記事

対するAirDotsは価格が非常に安いぶん、この価格でこれだけの機能があるのかと驚かされる。細かい操作性やiOSとの親和性は敵わないがカナル型でノイズに強い、小型で目立ちにくい、防水対応など機能は十分だ。

AirDotsのレビュー記事をいくつか読んでみてこれに決めようかと思ったが、他にも気になるものを見つけてしまった。AirDotsのレビュー記事は以下が参考になる。

参考記事

Xiaomi版AirDotsについて

A6SというAirDotsそっくりなイヤホンを発見

XiaomiのAirDotsをポチろうと思っていたところ、関連商品にもっと安いものが出てきた。

Image : AliExpress
画像クリックで商品ページへ

見た目はAirDotsにそっくり、価格はなんと962円!(執筆時)驚きの安さだ。XiaomiのAirDotsでも安さに驚いたが、このワイヤレスイヤホンはいくらなんでも安すぎるのでは?

このあまりにも激安なワイヤレスイヤホンA6Sが気になったので、AirDots比較してみた。

AirDotsとA6Sの比較表

AirDotsA6S
価格99.9元(約1,500円)962円
対応OSiOS, AndroidなどiOS, Androidなど
Bluetooth5.05.0
イヤホンタイプカナル型カナル型
重さ(イヤホン)4.1g表記なし
重さ(ケース)31.3g表記なし
サイズ(イヤホン)26.65×16.4×21.6mm
サイズ(ケース)62×40×27.2mm
バッテリー容量40mAh45mAh
ケースバッテリー容量300mAh280mAh
充電方法micro Bmicro B
連続使用4時間3時間
ケース使用時12時間表記なし
ボイスコントロールSiri, Google assistanceなどSiri, Google assistanceなど
ノイズキャンセリングあり(アクティブ方式)あり(アクティブ方式)
防水性能IPX4IPX4
再生周波数帯域20~40,000Hz20~20,000Hz
音圧感度104±3db94±3db
インピーダンス32Ω17Ω

A6Sが結構優秀では?

比較の結果、本体バッテリーがA6Sは45mAhでありながら、3時間駆動となっていることがわかった。実際のところ、連続3時間以上音楽を聞くことはあまりないと思うが、長いほうが安心だ。

音質などは使ってみないとわからないが、数値上の違いでは再生能力がAirDotsの方が高い。

操作性なども使ってみないとわからないポイントだ。説明文を読む限り、左右のボタンでそれぞれ一回押しと長押しで操作できるとある。

AirDotsのレビュー記事では曲送りができないようだが、A6Sの説明文では長押しで曲送りもできるようだ。

Image : AliExpress

3回押しではボイスアシスタントの起動ができる。

Image : AliExpress

また、A6Sのケースにはバッテリーのインジケーターが搭載されているのも見逃せない。AirDotsのケースにはバッテリー残量を知らせるインジケーターがないが、A6Sには搭載されている。

Image : AliExpress

注文したのは…

最終的に注文したのはA6S。理由はもちろん安いというのもあるが、おもしろそうなのとバッテリーインジケーター搭載、曲送りが可能であることでA6Sをチョイスした。

商品が到着したらレビューを書こうと思う。


こちらもどうぞ!

私が現在使用中の機器やサービスを公開しています。よければお立ち寄りください。