【root】AdAwayで広告をブロック

AdAwayはアプリなどでもよく出てくる広告をカットするアプリで、rootを取得したら入れておきたいアプリだ。また、root権限がなくても使用できるAdGuardというアプリもあり、こちらもお手軽だ。

AdAwayを導入する

不要な通信をカットするといった意味ではDroidWallも似ているが、AdAwayは広告をカットするのに特化したアプリ。なのであわせてインストールしておきたい。

※このアプリを使用するにはrootアクセスの権限が必要

準備

AdAwayはGooglePlayでは配信されておらず「F-Dorid」という外部のマーケットアプリからダウンロードすることになる。

root権限取得方法の記事

その他機種のroot取得は検索して探してみてほしい。

設定

F-Droidからアプリをダウンロードしてインストールしたら、AdAwayを起動してみよう。AdAwayには「hosts」ファイルという広告のドメインが記述されたテキストファイルを読み込ませる必要があり、以下に手順を示す。

メニューボタン→「hostsのソース」と進む。

AdAwayを導入する

次に画面右上の+マークをタップをタップしてアドレスを入力。

入力するアドレスは、ログろいどにあるものがいいだろう。「http~.txt」で終わるアドレスを入力しよう。

AdAwayを導入する

入力が完了したら「追加」を押して最初の画面に戻る。そして「ファイルをダウンロードして適用」をタップして、再起動すれば設定完了だ。 

AdAwayを導入する

AdAwayの動作を確認する

起動したら、広告が表示される適当なアプリを起動して確認してみよう。

広告あり

AdAwayの動作を確認する
下部には広告が表示される

広告なし

AdAwayの動作を確認する
広告がなくなった

設定後はこのように広告が表示されなくなった。アプリによっては広告エリアだけが残る。新たに広告が出るようになったら、AdAwayメイン画面の「アップデート」を確認して適用してみよう。

アップデートしても広告が消えない場合は自分でhostsファイルを追加する機能もある。

手動でhostを追加

広告が消せない場合は手動でhostsファイルを追加する必要がある。まずは以下の方法で表示された広告のhostを調べる。

手順

広告が出るアプリを終了して、メニュー→「DNS問い合わせのログ」に進む。

手動でhostを追加

次に「TCPダンプは非動作中です!」をタップして「動作中」に変わったら広告が表示されるアプリを起動。広告が表示されたらAdAwayに戻り次は「TCPダンプは動作中です!」をタップして動作を停止させる。

手動でhostを追加

上の画像にある「ログファイルを開く」から、広告と思われるアドレスを長押しして「ブラックリストに追加」をタップ。

手動でhostを追加

あとはメインメニューに戻って「ファイルをダウンロードして適用」をタップして再起動すれば完了。

手動でhostを追加

追加したアドレスが必要な物だった場合はメニューの「リスト」をタップしてブラックリストに表示されているアドレスをロングタップして削除する。これで表示されなくなったはずだ。

広告が消されたあとのNot Foundが気になる場合は設定の「ウェブサーバーを有効化」を試してみよう。

おわりに

広告は消えてとてもすっきりとはするが、無料アプリや無料で提供される情報といったものは「広告で賄われている」ということも忘れてはいけない。

コメントを閉じる

1 COMMENT

コメントを残す