MateBook(旧)に背面保護フィルムを装着

Sponsored Link

MateBook(旧)に背面保護フィルムを装着MateBookをタブレットとして活用することを考えると、気になるのが本体の傷。

カバー等がないとどこかに置いたりするときにも気を遣う。

そこで、カバーを着けることを考えた。

だが、純正のキーボードも使用しているため、カバーを着けるとキーボードの接続端子が接触せず、キーボードを認識しないのでは思い、今回は背面保護フィルムを選択した。

上の画像は購入したフィルム。

購入はAmazonで、ダークグレーを選択、価格は1,599円であった。

開封すると中からフィルム本体、クリーニングワイプ、クリーニングクロスが出てきた。

内箱の内面には取付要領が書かれているのが確認できる。

まずはクリーニングワイプで汚れや油分を拭き取る。

次に、クリーニングクロスで拭き取って準備完了。

いよいよフィルムを張り付けする。

台紙を剥がす前に本体に当てサイズを確認し、ほぼぴったりであったので角を合わせて貼り付けすることにした。

台紙を少し剥がし、MateBook本体に角を合わせ貼り付けする。

気泡を抜きながら順に貼り付けしていく。

角まで気泡を抜いたら完成。

背面のロゴもなくなり、きれいになった。

純正キーボードも問題なく使用可能。

この状態でも背面ロゴは見えなくなり、すっきりしていい感じになった。

手に持った感触もよく、そのままで持った時より少し滑りにくくなったのも良いポイント。

ハードカバーほどの防御力はないが、フィット感、見栄え、手触りは良好でとても良い物に出会えたと思う。

ただ、においがきついのでにおいが消えるまでしばらくは耐えなければいけないだろう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.