パソコンの進化「Surface」

Sponsored Link

パソコンの進化「Surface」PCの進化は日進月歩で絶えず進化していってますが、新たに面白そうな新製品の発売が控えていますね。
私が今気になっているのはマイクロソフトが発表した「Surface 」という製品で、ノートパソコンとiPadのようなタブレットの中間ともいえる商品であり、タッチ操作に最適化されたiOSやAndroidのようなOSながらWindowsを搭載し、様々なWindowsアプリケーションが利用でき、パソコンとタブレットのいいとこ取りな新しいPCです。
iPadやタブレット用のサードパーティ製専用キーボードは今までたくさんありましたが、どれも一体感に欠けているような感じで持ち運びもあまりスマートでは無いように思っていましたが、Surfaceはマイクロソフト純正キーボードカバーがリリースされ、装着時も素晴らしい一体感でiPadのスマートカバーののような感じになり、これなら持ち運びもスムーズで、ノートPCのように使うときは本体裏のスタンドで立ててキーカバーを開き、タブレットとして利用するときはキーカバーを裏側に持っていくだけでOK、センサーでキー入力も無効にしてくれるとのことです。タッチパッドやキー入力、OSの完成度がどれほどのものなのかは触ってみないとわかりませんが、マイクロソフトが本気を出し、アップルのように自社製品としてリリースされるのでOSとハードウェアの一体感はこれまでの製品とは一線を画するものになり、ソフトウェアの出来と価格次第では新しいパソコンのカテゴリになる、ノートPCとタブレットを統一させると勝手に思ってます。
ARMプロセッサ搭載版は五万円以内の見込みでオフィスソフトも標準搭載されるみたいなので、新しい物好き以外の一般の人達や会社への普及もそこそこいい線いくんじゃないかな?インテルCPUで「Windows 8 Pro」搭載モデルが8万円くらいらしいので、普及価格帯のARM CPU 「Windows RT」モデルがしっかりWindowsとして使えるのかどうかがヒットのカギではないでしょうか。
残念ながらwiki見るとRT版は従来のソフトウェアの利用ができない、Metroインタフェースのみ、勝手アプリのインストール不可で自由度が低い予定などなど、あんまり良さそうじゃないけど。

しかし、儲けを考えれば必然的かとは思いますが、アップル、グーグルのようについにマイクロソフトまでもが自社製品を投入し、こういった製品が普及していくとなるとハードウェアメーカーは苦しい状況となってしまうのでしょうか。
家電量販店のPCコーナーもマイクロソフト、アップル、グーグルの三社だけとかになったりして?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。