X89winデスクトップ持ち歩き思案

Sponsored Link

X89winデスクトップ持ち歩き思案

デスクトップ環境を持ち歩きたい

先日購入したタブレットPCである「X89win」の魅力はフルのWindowsマシンであるということと気軽に持ち運べるということ。外出先でも完全体のOfficeなどがもちろん使用可能だが、タッチパネルのみで操作をするには限界がある。そこで、マウスとキーボードを用意し外出先でも快適にタイプ及びマウス操作出来るようにしようと考えた。

ひとまず手持ちのもので

まずはキーボード操作をするのにスタンドが必要。スタンドカバーを装着し画面を立たせる。赤札天国で本体と一緒に購入したiPad純正のように畳めてスタンドになるカバーを利用した。

スタンドはひとまずこれでいいだろう。次はマウスとキーボードを接続する。マウスはLogicool M555b、キーボードはAppleのワイヤレスキーボードのUKが余っていたので接続してみた。

ホイールがとても気持ちよく回ってくれるお気に入りのマウス。ホイールを押し込めばフリー回転に切り替わり、長いスクロール時などに役立ってくれる。

キーボードは手持ちで余っていたもの。見た目で以前購入したのだがやはり日本語キーボードが私には向いているようだ。

上記の構成でひとまず一般のPCと遜色なくデスクトップアプリケーションの操作が可能となった。文書作成やブログなどもこなせるだろう。

さらに持ち運びやすいものは無いだろうか?

キーボードとマウスで快適にはなったが、これでは移動時に少し不便だ。最近ではトラックパッドを一体としたキーボードも販売されており、これならば持ち物を減らすことができる。そこで以前に購入したLogicool K400を接続してみた。

bluetooth対応ではなくUSBアダブタを使用するので変換ケーブルを使用して本体のmicroUSB端子に接続する。

接続すると以下のようになった。マウスとキーボードの構成より持ち運びやすくはなったがビジュアルがよろしくない気がする。

やはり接続はbluetoothがいい。バッファローの「BSKBB23BK」などはbluetooth接続でき、タッチパッド搭載でさらに充電式バッテリー内蔵と良さそうなので機会があれば試してみたい。

 

iBUFFALO Bluetooth 3.0対応 コンパクトキーボード タッチパッド搭載モデル ブラック BSKBB23BK

新品価格
¥3,754から
(2015/1/23 19:04時点)

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。