折れたイヤホンジャックアクセサリーの芯を費用100円で抜く方法

Sponsored Link

折れたイヤホンジャックアクセサリーの芯を費用100円で抜く方法追記

ツイートやいいね!をしてくれた方、ありがとうございます。

この記事のアクセス数が上がっている。それだけ困っている方が多いのだろう。検索結果にも上位に表示されており驚いた。

以下のネイルドリルで取り出す方法の他に、熱した安全ピンを差し込み取り出す方法や、さらに、安全ピンに瞬間接着剤を付けて取り出す方法もあるようだ。

やけどが怖い方や、瞬間接着剤を付着させてしまいそうな方は以下へどうぞ。

 

折れると取り出しが困難

 

イヤホンジャックアクセサリーを着ける人が増えているが、それに伴ってアクセサリーが折れ、芯だけが残ってしまうトラブルが多いようだ。上の画像は、折れてしまった頭の部分。

残った芯の部分。取り出さないとイヤホンが使用できない。

私の母のiPhoneもイヤホンジャックアクセサリーが根元から折れ、取ることができなくなったので、業者での修理費用を調べてみると5,000円〜10,000円とのこと。何とか自力で取り出すことができないかと試した方法を紹介しようと思う。

 

芯を取るのに必要なもの

 

ダイソーで売っているネイルドリルというもので、非常に細いドリル。これを使って小さい穴を空けて行き、取り出す。

ピンバイスという工具を持っている人はそれでもいいだろう。ダイソーで見つからない場合は、少し高くなるがホームセンターなどでピンバイスを探してみるといいだろう。

この細いドリルを使い取り出し作業を行う。

イヤホンジャック内に残った芯をドリルで少しずつ穴を空けていく。

おおよそ2mm〜3mm空けたところで、刃先を少し斜めにして引っ掛け、そのまま手前に引くという感じにするといい。

うまく引っかからない場合はもう少し掘ってみよう。

うまい具合に取り出すことができた。

スマートフォンの機種やアクセサリーによっては簡単に取れないものもあるのかもしれないが、お困りの方はお試しあれ。

 

Sponsored Link

“折れたイヤホンジャックアクセサリーの芯を費用100円で抜く方法” への1件の返信

  1. いけちゃん


    殆どタダで抜けますよ。
    ゼムピンを延ばしてまっすぐにして、先をライターで焼き、熱いあいだに一気に残っている先の真ん中に融かしながら差し込み、冷えるのを待って抜きます。
    相手がプラスチックならたいてい成功します。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。