Sponsored Link

MacBook Air 13.3″ A1369 液晶パネル交換mobile9.jp.net

MacBook Air 11.6″に続き、13.3″モデルの液晶パネル交換レポート

対象機種MacBook Air 2010以降  MC503J/A MC504J/A MC965J/A MC966J/A など。2012モデルは未検証だが、恐らく同じ構造と思われる。

用意するもの

液晶パネル(ヤフーオークションなど)
 
へら(安くて使いやすそうなのはこの辺りだろうか。)

薄手のゴム手袋(リッチネ 10枚入り

両面テープ(強力なもの

ドライヤー、できればヒートガン(ホットエアーガン 400℃ 17-491

先の細いピンセットと精密ドライバー(私が使用しているのはこのドライバーセット

手順

筐体や液晶に汚れや指紋が付着しないよう、手袋を装着。

ベゼルを取外す為のへらを準備、ヒートガンでベゼルを暖め、両面テープの粘着力を落とし、へらを差し込む。最初に差し込む場所はWEBカメラのあたりが差し込みやすい。

ベゼルがなるべく変形しないようにへらで剥がしていく。へらはベゼルに沿って水平に差し込んでいく。

ベゼルを剥がしたら液晶パネル下部の基盤に取付けられたネジを精密ドライバーで外す。ここにはバックライト用のフラットケーブルと映像用の太いケーブルが取付けられている。液晶パネルの両面テープを剥がした後、ケーブルを取外す。

黒いシールの下にもネジがあるのでシールを剥がしてネジを外す。

ねじを外したら液晶下部の金属フレームを精密ドライバーのマイナスなどで浮かしてへらを差し込み、ゆっくりと液晶パネルを剥がしていく。液晶背面にバックライトの反射フィルムがあるので傷つけないように慎重に作業しよう。

慎重に作業しても液晶パネルはすごくもろいのですぐに割れてしまう。なるべく割らないようにゆっくり慎重に作業を進めよう。パネルを剥がしたら基盤に取付けられたケーブル二本を外す。ややこしい構造になっているので写真を撮っておいた方がいいだろう。

割れた破片はピンセットで一つづつ剥がす。これも神経を使う作業だ。

破片を取り終えたら、液晶パネル下部の金属フレームをカッターなどで切り取って剥がし、両面テープを貼り直し、新しい液晶パネルに取付ける。

後は逆の手順で取付ける。

液晶パネルを張りつけする際は、電源を入れバックライトでゴミを確認しながら張りつけする。ゴミがある場合はテープで除去しよう。

ベゼルは丁寧に剥がしても少し曲がってしまうことが多いので、手曲げで修正する。修正がきかない程曲がってしまった場合は海外の部品屋などを探すなどして新品を購入するしかない。

なるべく真っ直ぐに修正したら、両面テープを新しいものに交換して貼付け直せば完成だ。

Sponsored Link
Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>