iPhone5を快適に使えるように行った38の設定

Sponsored Link

iPhone5を快適に使えるように行った38の設定

現在の設定を公開

iPhone5をより快適に使うことができるようにと、いろいろと試して落ち着いた現在の設定メモ。個人的に使わないものや、テザリングをメイン回線として使用しているので通信容量節約のため、余計な通信を行いそうなものはオフにしている。iPhone5の設定だが、iOS6であれば設定はほぼ同じだ。

通知

使っていない通知機能はオフにした。株価と天気ウィジェットはオフにすればメモリ消費量も減るのではと期待。余計な通信もカット出来るだろう。

  • 株価ウィジェット オフ
  • 天気ウィジェット オフ
  • Game Center オフ
  • Passbook オフ
  • 緊急速報 オフ

一般

設定項目が一番多い箇所。PRLは更新すれば○を掴んだままになりにくい(auモデル)。SpotliteとSiriは使っていないのでオフ。システムが少しでも軽くなればいいのだが。キーボードは厳選して二つに。絵文字も思い切って捨てることで英語と日本語の切り替えがかなりやりやすくなった。メールアドレスの入力を求められるサイトが多いので、辞書に登録するとネットサービスの利用が捗るのでこの設定もおすすめ。アドバタイズは具体的な情報がないのだが、オンにすることでiPhoneが広告に関連する情報を収集するのを制限できるようだ。

  • 情報→キャリア→PRL5にアップデート (更新方法
  • 情報→アドバタイズ→オン
  • 情報→診断/使用状況→「送信しない」にチェック
  • 使用状況→バッテリー残量 オン
  • Siri→オフ
  • モバイルデータ通信→インターネット共有 オン
  • モバイルデータ通信→iTunes、Passbookのアップデート オフ
  • Spotlight検索→全てのチェックを外す
  • 自動ロック→2分
  • 日付と時刻→自動設定 オフ
  • キーボード→自動大文字入力 オフ
  • キーボード→自動修正 オフ
  • キーボード→キーボード→日本語フリックのみ、英語Qwertyの二つのみに設定
  • キーボード→ユーザー辞書に「あど」でメールアドレスが出るように登録

プライバシー

プライバシーの項目はそんなに設定するところがない。余計な広告の機能と思われる物をオフに。

  • 位置情報サービス→システムサービス→位置情報に基づくiAdと診断/使用状況 オフ

iCloud

iPhoneのみ、もしくは、アップル製品ばかり所持していればiCloudも使うようになるのだろうが、AndroidやWindowsも使用するのでメールや連絡先などはGoogleに。ブラウザもChromeを使っているのでSafariとの連携機能はオフに。フォトストリームは便利なのだが、Wi-Fiを使っていないのでオフ。

  • メール オフ
  • 連絡先 オフ
  • カレンダー オフ
  • Safari オフ
  • Passbook オフ
  • フォトストリーム オフ
  • 書類とデータをオフ
  • iPhoneを探す オン

メール/連絡先/カレンダー

Gmailのプッシュ受信と連絡先の同期ができるように「Microsoft Exchange」でGoogleアカウントを設定。ユーザー名をメールアドレス、サーバーをm.google.comに設定すればいい。連絡先の同期は使いこなせば便利だが、Androidのようにすんなりいかないので要注意。使う場合は事前のバックアップ必須。

  • Gmailアカウントを「Microsoft Exchange」で設定。メール、連絡先、カレンダーをオン
  • データ取得方法→フェッチは手動に設定
  • 詳細→「Microsoft Exchange」で設定したアカウントが「プッシュ」になっているか確認。
  • 署名→すべてのアカウントにチェックを入れ、文章を削除
  • デフォルトアカウントをメール送信を行うアカウントに設定

FaceTime

Apple IDを共有している場合、以下のように設定するとうまく着信させることができる。

  • FaceTime用の連絡先情報に自分の電話番号を指定。iPhoneとiPadでIDを共有している場合はiPhoneに電話番号を指定、iPadにはメールアドレスを指定と言った具合。

マップ

以下のように設定すると少し情報が多くなるが、文字は読みにくくなるのでお好みで。

  • ラベルサイズを小に設定

Safari

ブラウザはChromeを使用しているので余計な機能はオフ。通信もカットできる。Safariを使用、なおかつリーディングリストを使用する場合はこの設定を行わない方が良いだろう。ちなみに、リーディングリストとは、読みかけのページを後で見たり、iPhoneで読んでいた記事を途中からiPadで読むといった使い方ができるもの。ブックマークとの違いは未読の管理ができる部分。(詳しい記事)

  • リーディングリスト→モバイルデータ通信 オフ

iTunes Store/App Store

うっかり大容量データをやりとりしないようにオフ。同じApple IDを使う他のデバイスでインストールしたアプリなども勝手にインストールされるのを防ぐことができる。

  • 自動ダウンロード→ミュージック、App 共にオフ
  • モバイルデータ通信 オフ

以上で設定完了!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。