iPhone5のテザリングで通信費節約は可能か?

Sponsored Link

iPhone5のテザリングで通信費節約は可能か?

プロバイダを解約しテザリングのみで運用

auのiPhone5に乗り換えSoftBankを解約。以前は固定回線にSoftBankのADSLサービスであるホワイトBBを使っていたので、自動的にホワイトBBも解約となり、固定回線がなくなってしまった。1円でも通信費を節約したい私は、この機会にテザリングのみで一ヶ月間乗り切れるか試してみた。

ちなみに、テザリングとはiPhoneなどのスマートフォンの3GやLTE回線を使いパソコンなどをインターネットに接続すること。iPhone5ではようやくこの機能が解禁となった。設定メニューから「インターネット共有」を有効にすることでWi-Fi/Bluetooth/USB接続で回線を共有できる。

通信量7GBで規制

ご存知の通りiPhone5での通信は各社7GBで規制され、7GBを超えると128kbpsに通信速度が規制される。規制されずに一ヶ月乗り切るとなると、一日に使える容量はおよそ230MBほどであろうか。

  • 毎日メール受信10〜20通
  • 一般的なWEBサイト観覧とブログ更新
  • 一日動画1〜2本

まずは気にせず上記のような感じで普段通り普通に使ってみて7GBに到達するのか試してみた。アップデートなどは容量が大きすぎるので月末にまとめてやるか、ノートPCなら公衆無線LANなどを使い節約。

参考リンク : au Wi-Fi SPOT

auのiPhone5を契約した場合、無料で一台iPhone以外もWi-Fiスポットを使うことが出来る。Windows PCやMac、タブレットでも登録することが出来るので活用しよう。

23日間

結果は18日目で6GB、23日目で7GB到達となった。もっと早く到達するかと思ったが、意外だった。もう少し節約すればなんとかなりそうだ。

128kbpsの感想

7GB規制が始まり128kbpsで通信速度が固定された。実際に使ってみてWEB観覧などはやはり遅いが見れないことはない。さすがに動画はさっぱり駄目だがスカイプがまともに使えたのは意外だった。iPhoneアプリのダウンロードは容量の小さいものならなんとかダウンロードできるが大容量のものはかなり厳しい。

まとめ

  • 一ヶ月7GB以内に納めるには工夫して節約が必要。
  • 128kbpsでもWEBとメールは遅いけど使える。
  • 128kbpsだと動画と大容量アプリのダウンロードは厳しい。

公衆無線LANの活用などもっと工夫する必要があるが、プロバイダを解約してiPhoneの回線一本でやっていけそうだ。家族にiPhone5所有者がいれば回線を借りることもできる。光回線契約中なら解約すればかなり節約できるだろう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。