Sponsored Link

iPhone5のLTEを試すmobile9.jp.net

通信速度はどんなものなのか?

LTEを使うのは今回が初めてでどの程度の速度が出るのか?私の住む大阪府忠岡町の自宅では電波が入るのか?試してみた。

LTEが入ればかなり早い

計測結果は後日スクリーンショットで保存した。

計測したアプリはSpeedtest.net Mobile Speed Testというもの。サーバーは「Tokyo」に「DISPLAY SPEEDS IN」は「Mbps」に設定して計測。

和泉市の実家にて計測。LTEが入り17Mbpsと早い。上りも3Mbps出ている。

岸和田市の路上にて。応答速度がなかなかのもの。

狭山市で計測。大阪南地区でも割とLTEをつかむ。

自宅にて。残念ながらLTEを一番使いたかった自宅はLTE圏外であった。

auショップ和泉府中店。10Mbpsと良好な数値。

マクドナルド泉大津店。LTEがしっかり入っている。

マクドナルドにてBluetoothテザリング使用。2011 MacBook Airにて計測。計測サイトはこちら

同店にてWi-Fiで計測。Bluetoothでの接続時より良い結果となった。

条件が良ければかなり早い。

LTEの入るエリアであればかなり高速で通信できることがわかった。ただしiPhone単体だとほとんど効果が体感できない。テザリング使用時は3GよりLTEが応答速度が早いことが多いため、快適性を体感しやすい。3GでのPINGの計測結果は200ms前後がほとんどだが、LTEでの計測時はおおよそ90〜100msとなった。大きなファイルをダウンロードする場合はダウンロード速度が重要となるが、一般的なウェブサイトの観覧時はPINGが重要となる。この数値が低い程、素早く応答してくれる。LTEはこのPINGの計測結果もよく、ダウンロードスピードも早いので一般的なネット観覧も、音楽や動画のダウンロードも快適に行えると言える。通信容量の制限さえなくなれば家庭用の回線を置き換えることも十分に可能だ。あまり動画などを視聴しない、ネットを使用するのは自分だけといったライトユーザーであれば、現状でも十分に置き換え可能だろう。

自宅に固定回線を置く場合でも自宅はWiMAXEMOBILEに置き換え、外出先ではiPhoneによるテザリングというのもいいだろう。特にWiMAXであれば回線の制限などもないのでYouTubeやiTunesによる動画鑑賞も容量を気にせず行うことができる。月額も3,880円と安い。ほとんど使っていない光回線に7,000円も8,000円も払っている人や節約を考えている人はWiMAXやEMOBILEを検討してみてはいかがだろうか。電波が入るか心配な場合はサイトにてエリア確認、WiMAXであれば、家電量販店にて実機の貸し出しを行っている。

Sponsored Link
Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>