Sponsored Link

iPhone iPad iPodの性能比較ベンチマークmobile9.jp.net

結構差がある

 

iPhone 5を入手後、iPad miniも購入、背面がステンレスのiPod第四世代もデザインが気に入って使ってみたくなり購入、たまたまリサイクルショップで安く見つけたiPad 第4世代WiFi+Cullularも買ってしまい気が付けば多数iOSデバイスを所有していた。

使っていて特にゲームなどで性能や動作に差を感じたので、ベンチマークソフトで性能を計測。

計測に使用したアプリは「Geekbench」というもの。

 
Geekbench 2 App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥85

計測結果

 

IMG_1815

iPod 第4世代

IMG_0010

計測結果は395ポイント。

次はiPhone 5(au)

IMG_0423

iPod 第4世代と比べてものすごく高い数値が出た。iPodはゲームなどで動きが悪かったりする時が多かったが、ここまで性能差があったとは。

iPad mini WiFi

IMG_0218

iPad miniはこんなものなのか。iPad2と同じくらいの性能と考えると納得。この数値でもゲームなどの動作に不満を感じることはなかった。

iPad 第4世代 WiFi+Cellular

IMG_0005 1

一番高い数値が出た。

ちなみにGeekbenchの基準では「1,000」がPower Mac G5 1.6Ghzだそうだ。

その他デバイスの数値も公開されていた。

bench

iPhone 5、iPad 第4世代は極端に高性能になっているようだ。

iPod Touchは第5世代となってもiPhone 4S程度の性能しかないようなので、単純にiPhone 5の電話抜きということにはならない。

 

600以下は厳しい

 

数値が600以下はもうこの先厳しいのだろう。

iPod Touch 第4世代のデザインはすごく気に入っているが、動作がかなり重い。iOS5.1.1のまま使用しているが、アップデートするとメモリの使用率も上がってしまう。

その上、搭載メモリは256MBなので、メモリ不足でアプリが落ちてしまうのが余計にひどくなるだろう。現状でも頻繁にアプリが落ちてしまう。

使用するアプリにもよるが、アプリがどんどんパワーを求めるようになってきているので、iPhone 4S以前の機種だとそろそろ動作が厳しい。

 

Sponsored Link
Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>