Sponsored Link

待ちに待ったiPad miniが届いた!mobile9.jp.net

さっそく開封

楽しみにしていたiPad miniが届いた。早起きしてヤマト運輸の到着をワクワクしながら待ち、インターホンがなった瞬間、走って玄関へ向かった。Appleの製品はいつも、わくわくさせてくれる。購入したのはブラック&スレートの32GB Wi-Fiモデルとダークグレーのスマートカバー。スマートカバーは既に先日到着済みだった。ちなみにiFixitではすでにパッケージどころか中身まで開封され、画像がアップされていた。iPad miniはタッチパネルが両面テープで貼付けされているようで分解が手間のようだ。この記事ではパッケージの開封までを簡単にレビューする。

配送された状態。わくわくしてしかたがない。

開けると化粧箱が入っていた。iPad miniの文字が見えた!

化粧箱を取り出す。Macと同じような梱包方法だ。化粧箱もかっこいい。

ついに対面。待ちわびた。

中には電源類が。電源はiPhoneと同じようだ。

超簡易な説明書が付属。説明書と呼べるかどうかもあやしい。

いよいよ電源on!

iPadの文字が現れる。

このあたりの設定画面はiPhoneと変わらない。

バッテリーが最初から90%もあった。気が利いている。

iPhone5のテザリングを使いセットアップ。キーボードが大きくて打ちやすい。

片手でもなんとか持てる。手の小さい人はちょっと厳しいかもしれないが10インチモデルよりかなり持ちやすい。

日本語キーボード。

Qwertyキーボード。

スピーカーホールはiPhone5と同じようにたくさん穴が空いている。ちなみにステレオスピーカーとのこと。

ホーム画面。iPadなのでDockにはアイコンを5個並べられる。

スマートカバー装着。

開けたところ。

立てるとこんな感じ。

寝かしたところ。

iPhone5を上に置いて大きさの比較。

エッジ部分。iPhone5と同じ削りだしでここは高級感がある。

背面は指紋が目立つのが少し残念。

違うアングルで。

触ってみた印象

今までのiPadのような高級感はないが安い分、おもちゃとして使い倒せる印象。特にタッチパネル部分は爪でつつくと、ガラス製ではあるようだがプラスチックをつついたような音で、硬質な感じがあまりしない。薄型軽量にはなったが以前のiPadより若干チープな感じだ。防指紋コーティングもされていないのか、指紋が目立つ。表示に関しては、小さい文字を表示させるとやはり文字のギザギザは気になる。Retinaでないのが残念だ。iPhone5に慣れると、メモリも512MBなのが少し気になる。しかし、iデバイス独自の快適性はさすが。動作は機敏で使っていて苦にならない。ブラウザを使ってみたが画面回転の応答やディスプレイキーボードでの入力は快適だ。iPad miniの、このサイズと快適性はみなさんもぜひ実機を手にして体験していただきたい。

Sponsored Link
Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>