Xperia ray「4.0.1.C.1.21」root取得

Sponsored Link

Xperia ray「4.0.1.C.1.21」root取得 前回ドコモショップにてsimロックを解除してもらい、ソフトバンクの黒simを使えるようになったドコモ版Xperia ray SO-03Cだが、テザリングを有効にするにはrootの取得が必要であった。テザリングを有効にするため、root取得に挑戦する。 

 私のXperia ray SO-03Cはファームウェアが「4.0.1.C.1.21」になっており、rootを取得する為の穴が埋められていたのでまずは「4.0.1.C.1.9」にダウングレードする必要がある。必要なツールは下記ブログでダウンロードできるのでありがたく使わせてもらう。IEでダウンロードするとファイルが破損することがあるそうで他のブラウザを推奨。この手順でやっていくと初期化されるので先にバックアップをとっておく。Android SDKも必要だ。

arkdroid XPERIA arc/acro/ray/PLAY のroot化手順

Android SDKインストール方法はこちら

ファームウェア「4.0.1.C.1.9」と「FlashTool」そして、文鎮化した時の復旧用にソニーのサイトから復旧ツールをダウンロードしておく。

FlashToolをインストールしたら、ダウンロードしたファームウェアを解凍し、拡張子が「.ftf」となっているファイルをC/FlashToolにある「firmwares」フォルダに入れる。

FlashToolを起動。
左上の雷のマークをクリック。

Flashmodeを選択、OKをクリック。

SO-03C 4.0.1.C.1.9を選択、他はそのままでOKをクリック。SO-03Cの場合はボリュームダウンを押しながらケーブルと接続するとデータの書き込みが始まり100%まで行けば完了。取り外して電源を入れ、ダウングレードできているか確認する。

次はrootを取得する。先ほどのブログのこのページにある「DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su.zip」をダウンロードし、ファイルを解凍。中にある「runme」を実行し起動させる。

Xperiaの設定でUSBデバッグを有効にする。
「設定」 → 「アプリケーション」 →「 開発」 → 「USBデバッグ」でチェック。接続したらPCの「ENTER」キーを押し実行させる。処理されるのでしばらく待つ。ALL DONE!!!がでたら作業完了で「SUPER USER」がインストールされていれば成功。この作業の後、「4.0.1.C.1.21」にアップデートしても問題なくrootは取れていた。

root取得が完了し、次はテザリングを使えるようにする。

Sponsored Link

“Xperia ray「4.0.1.C.1.21」root取得” への2件の返信

  1. ひろ


    古い記事に対してのコメントで恐縮ですが、
    Exclude Baseband を指定しないと 800Mhz が使えなくなりませんか?

    返信
    1. mobile9 投稿作成者


      コメント有難う御座います!
      既に実機はないので検証できませんが、情報有難う御座います。

      ひろさんのコメントを見てくれた人の参考になればと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.