Sponsored Link

Xperia GX SO-04D 「FUSION IP-Phone SMART」を設定mobile9.jp.net

固定電話の維持費をなんとかしたい

自宅に引いているNTT電話回線の基本使用料はナンバーディスプレイを入れて2300円程。外出中に携帯で電話を受けれるように転送したいと思い調べると、電話転送はオプションで月額500円程度掛かるようで、全部で3千円程度の固定費用が掛かってしまうようだ。そこで、この固定費用がなんとかならないかと、いろいろ調べてみると「050プラス」や「FUSION IP-Phone SMART」などの050番号がもらえるサービスに行き着いた。固定電話ではなくなるが、電話番号がもらえてケータイで受けるという条件は満たしている。据え置きするなら白ロムを無線LANで繋いで置いておけばいい。ただし、これらはインターネット回線を使用して通話するサービスであり、少々遅延があるとのことで、どの程度のものなのか実際にXperiaに設定して試用してみた。

基本料無料の「FUSION IP-Phone SMART」を選択

通話料が050プラスより30秒8.4円と少し高いが、基本は待受に使う回線になるので、月額基本料金の掛からないFUSION IP-Phone SMARTを選択した。登録はここからできる。登録するにはクレジットカードが必要だ。

Xperia GXにセットアップ

ICS搭載のAndroidスマートフォンであれば、標準機能でSIPをサポートしているので余計なアプリをインストールせずにセットアップ可能だ。

設定→通話設定→アカウント→アカウント追加と進む

FUSION IP-Phone SMARTのマイページに記載された情報を入力

  • ユーザー名 : SIPアカウント
  • パスワード : SIPアカウントパスワード
  • サーバー : ドメイン

以上で設定は完了。

感想

実際に試用してみて、確かにほんの少し遅延があるものの、発信、着信共に3G回線にて問題なく使えることがわかった。番号の通知も出たのでナンバーディスプレイも問題ない。ただ、着信履歴から番号をタップしてそのまま発信することができないので、折り返し電話をするときは、番号をダイヤル直すか、電話帳から発信する必要があった。

発信するときは、携帯通信網かネット回線を使用するかを選択可能になるので「インターネット通話」を選択して発信すれば050番号で発信可能だ。

設定することでバッテリーの消費が大きくなるようだが、思ったより消費も激しくなく普段とそんなに変わらないような印象だ。

通話はこの回線をメインで使用してキャリア契約を捨て、月額料金の安い
UQ WiMAX
EMOBILEのLTE
などのモバイル回線だけ用意し、低価格で通話、PCと携帯の高速通信通話ができるようにするのも面白いかもしれない。うまくいけば、月々3千円程で通話と通信と家のネットが使える。

Sponsored Link
Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>