Sponsored Link

Galaxy Note ICS 4.0.3 国際版 アップデート、そしてroot化決意mobile9.jp.net Galaxy Note国際版ICS 4.0.3にアップデート後の個人的な感想とroot化に至まで。root化の手順やカスタマイズも次の記事に掲載している。

 人によっては、重くなったなど、評判が悪い感想もあるICSだが、私はすごく良くなったと感じた。賛否はあるが、スクロールの感触がiPhoneに近づき、上下にスクロールする際に、斜めにスクロールしにくくなり、上下スクロールの操作性が向上した。細かい部分ではあるが、縦長のページを拡大して観覧するようなシチュエーションでの操作は格段にしやすくなった。

 タッチパネルの反応も改善された。私の持っているGalaxy Noteは、画面に指をのせたままにしていると画面がガクガク震え出すといった症状がでていたが、ICSアップデートでぴたりとおさまった。スクロールやタッチの反応は徐々に改善されている。iPhoneの使用感にようやく少し、追いついたような感じだ。

Buletoothの接続も改善。

 車で音楽を聞くときはナビにBT接続しているのだが、五回に一回、ひどい時には十回に一回くらいしか自動接続しなかったのが、ICSにアップデート後は、キチンと自動接続できるようになり嬉しい限りだ。

 

 GB 2.3.6の時は、手動接続するとBT AUDIOが有効になるので、車に乗るたびBTの設定を呼び出し設定画面から接続していたが、その必要もなくなり快適に使用できるようになった。

 

 ブラウザにChromeを導入できるようになったのも嬉しい変更点で、PC/Androidのブックマークを自動的に同期し、更には見ているページ、タブ、観覧履歴まで双方でやり取りでき、PCで見ていたページの続きをスマートフォンで読むといったことが可能でよりスマートフォンの価値が高まった。

 メニュー→ブックマークで左の画像の画面を表示できる。(モバイルのブックマークなどのフォルダが開いているときは、左上のブックマークの文字をタップ)

 パソコンのブックマークのフォルダを選べばパソコンのブックマークを参照可能。(事前にPC側のChromeにGoogleアカウントでログインしておく)

 Android側からパソコンのブックマークフォルダにブックマークを追加しPCで観覧といったことも、もちろん行え、便利に使用できるようになった。

 

 

右の画像はPCで表示中のページが同期されたもの。

メニュー→その他のデバイスで右の画面が現れ、PCで見ていたページの続きを観覧といった使い方が出来る。

 

 

 

 

 

通知画面から設定が呼び出せるようになり、いつでも「Settings」にアクセス可能に

「Settings」をタップすればすぐに設定画面を開く事ができるようになった。

BluetoothをONにすると、通知が現れ、通知から一回のタップでBluetooth設定画面の呼び出しもできるようになり、細かいところが、いろいろと親切になっている。

 

 

 

追加アプリのSノート。

 テンプレートから簡単にノートの作成が行える高機能アプリで、使いこなすには時間が掛かりそうだ。私には簡単な日記の作成と、雑誌のスクラップぐらいしか使えそうにない。

 

 

 バッテリーの持ちに関しては個人的な体感だが、以前とあまり変わらないように思う。いいことばかり書いたが、無線LAN 5GHzが使えなくなったり、fontmizerでフォントが変わらなかったり、文字化けで「□」がでたりと、問題もいくつかあり、これらを解決するにはroot化してシステムの変更が必要だ。

 いままでずっとノーマルで使っていたが、次の記事からroot化、無線LAN とフォントの問題解決Systemの変更、不要アプリケーション及びSystemの削除やカスタムROM導入に挑戦していく。

Sponsored Link
1 Comment

One response to Galaxy Note ICS 4.0.3 国際版 アップデート、そしてroot化決意

  1. Pingback: Galaxy note ics 4.0.3 国際版 root取得 | mobile9.jp.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>