ベスト・バイ手書きデバイスGalaxy Note 3

Sponsored Link

ベスト・バイ手書きデバイスGalaxy Note 3

いつでも気軽に使える「道具」として

 

私は以前に初代Galaxy Noteを使っていて、その後au版iPhone5、次に5sと機種変更したのだが、やはりGalaxy Noteのペンの良さが忘れられず、auから発売されている「Galaxy Note 3 SCL22」を購入した。

 

 

といっても執筆時で既に2ヶ月程使用しているが。。

購入はauショップではなく中古白ロム。iPhone5sの毎月割が残っていたためだ。

 

au SCL22 ブラック GALAXY NOTE 3

新品価格
¥35,300から
(2014/10/22 20:53時点)

 

iPhone5sのnano simはそのままだと使えないのでmicro simアダプターを使う。差し替えるだけでなんの設定もなくau iPhoneのnano simが利用可能。通話、通信どちらも確認済み。

mobee Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット For iPhone 5 4S 4 ナノシム→SIMカードorMicroSIM MicroSIM→SIMカード

新品価格
¥80から
(2014/10/22 23:15時点)

今選ぶならGalaxy Note 4やNote Edgeもあるが、Note4は日本キャリアでは購入できず、Sim Free版を買う事になりとても高額なる。Note Edgeも個性的で魅力があるが、目玉であるエッジディスプレイが画面領域を占有しGalaxy Noteの魅力である大画面を少しではあるが損なっている。性能の成熟やコストパフォーマンスの良さで道具として気兼ねなくガシガシ使えるのが「Galaxy Note 3」の魅力だ。

 

 使い勝手の良いアプリケーション

 

Galaxy Note 3とペン、そして重要なのはアプリケーションで、これを用いてメモを取る、ノートをつける、絵を描くなどができる。

中でも私が一番多用するのが「アクションメモ」で、システム設定のコントロール→Sペンにある「ペン取り外しオプション」でペンを抜けば「アクションメモ」が起動するようにしておけば、ペンを本体から抜くだけですぐにメモを取る事が可能だ。

 

 

上の画像、赤枠内のように設定すれば、他のアプリケーションが動作していても「アクションメモ」が起動する。PCのようにウインドウになっており、ドラッグで場所を移動、最小化も可能。

 

誰かに何かを頼まれた時や、通話しながら電話番号を控えたり、思いついた事などをペンを抜いてすぐにメモしたりできる。動作数が少なくて済むので煩わしさがなく、手帳を開いてメモをとるような感覚で使用できる。

ネットで見つけた情報や、アイデアをメモしたりするのにもとてもいい。「Sノート」で情報をまとめれば「Evernote」で他デバイスによる観覧も可能だ。

この「アクションメモ」と「ペン取り外しオプション」だけでも「Galaxy Note 3」を選ぶ価値がある。

絵を描く人ならば「SketchBook」で繊細な絵を描けるので、より価値のある物になるだろう。筆圧感知やペン先の様々な設定により思い通りの絵を描く事ができる。

 

 

「Galaxy Note 3」で妻が描いた作品。絵描きができる人にとってもすごく良い端末と言える。妻はとても描きやすいとコメントしてくれた。

tempFileForShare

 

次回はアクセサリーについて触れてみようと思う。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。