Sponsored Link

Galaxy note 240dpi HOMEアプリを極限までシンプルに Part2mobile9.jp.net

 前回の続き。今回は最低限のウィジェット配置と細かい調整方法について紹介する。使用したウィジットは「ジョルテ」カレンダーの5×5と「SwitchPro Widget」5×1。「SwitchPro Widger 」は有料だが、無料でも似たようなのがあるので好みで。

まずはホームスクリーンのいらないページをどんどん削除していく。

メニューボタンを押し、「スクリーンの設定」を選択、ロングタップして選択状態になったら画面上部の「削除」の文字へドラッグしてページを削除する。

次は「ジョルテ」のウィジェットを設置するのだが、画面にフィットさせるには細かい調節が必要となり私もすごく困った部分だ。

メニューボタンを押し「追加」を選択、「ウィジェット」をタップ。

「ジョルテ5×5」を選択、メニューが現れる。

私の設定した項目は

  • 表示形式 月+ToDo
  • 背景色の透過度 50%
  • 予定の文字サイズ 75%
  • ウィジェットの外枠線 表示しない

そして重要なのが「上下の余白」でこれをきちんと調整しないとこうなってしまう。

 

ToDoの一番下が切れてしまいぶさいくな表示になってしまう。

私は「上下の余白」を「6」に設定することできれいに表示することができた。なお、表示できるToDoは4つ。

設定が完了したら「完了」をタップしてホームに戻る。

前回の設定でグリッドを10×10に設定してあるので、設置されたウィジェットはそのままだとかなり小さい状態になり調整が必要。

ウィジェットをロングタップしてメニューを表示させ「リサイズ」を選ぶ。青色の枠線をドラッグして調節する。下一つ開けて画面いっぱいまで広げる。

次は「SwitchPro Widget」を設置する。

アプリを起動し、まずは設定。

画面が出たら「Global settings」を選ぶ。私は画面輝度を最低に落としているので、カーナビなど屋外で使ったりするときに一発で画面輝度を最大にできるよう、「Level of brightness」の「0%」と「100%」にチェックを入れている。

懐中電灯用も使えるよう「Use the camara flash」にもチェック。

GPSのセッティングはうまく動作しないので「Show GPS panel」にチェックを入れておく。

次は「Modify widgets」の設定。

あまり項目を増やすとボタンが小さくなって操作がやりにくくなるので程々に。画面上のボタンをタップでボタン削除、下のボタンで追加、スライドすると隠れたボタンが出てくる。

今回設置したのは以下。

  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • GPS
  • Brightness
  • Auto-Rotate
  • Reboot
  • Flashlight
  • Wi-Fi Hotspot
  • Task Manager

StyleはNo Backgroundに設定した。

設定ができたらホームに戻りメニュー→「追加」→「SwitchPro(Size5)」→「OK」と進み、上のジョルテと同じ手順でリサイズすれば完成。

次の記事はGalaxy Noteの文鎮化。

Sponsored Link
1 Comment

One response to Galaxy note 240dpi HOMEアプリを極限までシンプルに Part2

  1. Pingback: mobile9.jp.net Galaxy note 240dpi HOMEアプリを極限までシンプルに Part1 | mobile9.jp.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>