Sponsored Link

Galaxy Note 国際版 カスタムROM ICS_StuNNeR_1.6.26導入mobile9.jp.net前回は不要アプリの削除を行った。今回はいよいよカスタムROMを導入する。

参考にしたのはこちら

入れたのは ICS_StuNNeR_1.6.26 ダウンロード
自分の環境ではAbyss Kernel 4.2も用意した。ダウンロード

  1. SDカードにAbyss Kernel 4.2と ICS_StuNNeR_1.6.26を入れる。
  2. ホーム+ボリュームアップ+パワーキーでリカバリモードで起動。
  3. install zip from sdcard→choose zip from sdcard→AbyssNotekernel42CWTouchOriginalLogo.zipを選択(操作はボリュームアップキーで選択、パワーキーが決定)
  4. advanced→reboot recovery
  5. wipe data factory reset
  6. AbyssNotekernel42CWTouchOriginalLogo.zipを焼いたのと同じ要領で ICS_StuNNeR_1.6.26 を焼く。
  7. 再起動で完了。

起動画面も標準のものと違うので、カスタムROMを導入した実感が湧く。

なかなかのサクサク具合で快適。空きメモリも純正より多い気がする。設定が日本語なのと、softbank 黒simのAPNが自動で設定されたのが嬉しい。ドコモsimも自動らしい。下の画像は設定画面を開いたところ。

ROMコントロールからdpiの設定など様々なカスタマイズが行える。日本語に設定するボタンがあるが、タップしてもこの画面は日本語にはならなかった。
このROMはdpiの変更が標準でサポートされている。簡単にできるのは嬉しい機能だ。
dpiを選んで再起動するだけで指定したdpiが有効になる。 

ホームアプリはApex Lancherが採用されており、これもカスタマイズがかなり行えるもので標準のTW Lancherとはかなり違う。

 動作が軽く、カスタマイズもすごく融通がきくのだが、SメモやSノートが使用できないのと、ペンで画面をダブルタップしてもメモが起動しないのはペンを使う自分としては残念。スクーリーンショットもパワー+ホームキーやチョップしても撮れなくなっている。ペンを使用しない人にはすごくいいROMだろう。

私は結局Sメモが使える標準ROM+rootに戻してしまった。

次はこのROMのホームアプリ「Apex Lancher」のカスタマイズを行う。

Sponsored Link
1 Comment

One response to Galaxy Note 国際版 カスタムROM ICS_StuNNeR_1.6.26導入

  1. Pingback: Galaxy note 240dpi HOMEアプリを極限までシンプルに Part1 | mobile9.jp.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>