Xperia GX SO-04D FlashToolで純正ROMバックアップ

Sponsored Link

Xperia GX SO-04D FlashToolで純正ROMバックアップ

Xperia GX SO-04Dの純正ROMをバックアップする

現在使用しているバージョンのROMをバックアップしておく方法について解説する。バックアップを取っておくことでSONYがアップデートでrootの穴を塞いでもrootを取得できる以前のROMに書き戻したりすることが可能だ。rootを取得できなくなる前にROMのバックアップを取っておこう。

・Xperia GX root取得記事はこちら

※初期化が必要となるのでデータは事前にバックアップしておくこと。

準備

手順

  1. SEUSを使用してXperiaを初期化。自動的にROMがダウンロードされる。
  2. ダウンロードされたROMが保管されている Program Files (x86)\Sony Mobile\Update Service\db\13740270\blob_fs を開く
  3. FILE_279063644,FILE_279138243,FILE_279138303を任意の場所にフォルダを作るなどしてコピー(例:ドキュメントを開きフォルダ名「GX」など)
  4. FlashToolを起動(今回はFlashTool64ではない方を使用)、Advanced->Decrypt Filesと進みSource folderに作成したフォルダを指定し「Open」をクリック
  5. FILE_279138243,FILE_279138303の二つを「→」をクリックして右へ移動し、OKをクリックしてしばらく待つとBundle Creationが現れる
  6.  partition-image_S1-SW-LIVE-DE72-PID1-0002-MBR.sin と simlock.ta 以外右へ移動
  7. ウインドウ右上にある入力ボックスはDevice : GX Version : 7.0.D.1.117 Branding : docomoなどと任意に入力してOKをクリック、ポップアップで出てきたリストはキャンセルをクリックして閉じる
  8. Finished bundle creationと表示されたら次は「loader.sin」の作成。
  9. 最初にコピーしてきた三つのファイルの一つであるFILE_279063644をConvertToolのフォルダにコピー。
  10. コピーしたFILE_279063644を「SeusDecrypt」の上にドラッグすると「FILE_279063644.tgr」が作られる。(SDKが導入されていないと作成されないので注意)
  11. 「FILE_279063644.tgr」7zipでデスクトップなどに展開する
  12. 「FILE_279063644.tar」ができるので「loader.sin」に名前を変更する
  13. C:\Flashtool\firmwares\GX_7.0.D.1.117_docomo.ftfを7zipで開き、作成した「loader.sin」をドラッグして追加する
  14. ファイルが追加されれば作業完了。

これでバックアップは取れた。作成したファイルが使用できるか確認しておこう。

作成したファイルを使用してリストアする方法

  1. FlashToolを起動し、雷アイコンをクリックする。
  2. Flashmodeを選択、OKをクリック。
  3.  Select a Firmwareは「GX」 Firmware Contentは全て選択、Wipeは削除したい項目にチェックを入れ、OKをクリック。wipe dataのチェックを外せばアプリはそのままの状態でリストア可能。
  4. Xperiaの電源を切りボリュームダウンキーを押しながらUSBケーブルを接続
  5. 書き込み処理が始まり、しばらく待てば完了。ケーブルを抜き電源を入れて動作確認。

Sponsored Link

“Xperia GX SO-04D FlashToolで純正ROMバックアップ” への1件の返信

  1. ピンバック: XperiaGXのroot化 | アリンコネット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。